長田区社会福祉協議会は、地域の中で住民どうしの「であい」「ふれあい」「たすけあい」をサポートします。


ボランティアセンターの活動報告

長田ボランティアセンターは、地域の障がい者福祉や福祉教育の推進にも力を入れています!

 

その中で、長田ボランティアセンターが参加させていただいている二つの事業が動き始めました!

 

一つ目の事業は「一七市拡大版」

震災後に始まった障がい福祉サービス事業所(作業所)を中心とした福祉のお祭りです!

参加団体それぞれが主役となり、意見を出し合いながら、イベントの準備をしていきます。

5月より実行委員会がスタートしました!

今年は11月5日(日)の開催となることが決定しました。昨年は雨天中止となってしまいましたので、今年は絶対開催できるように、参加者全員がチカラを合わせてがんばっていきます!

一七市拡大版2016ポスター

 

 

 

 

 

 

※写真は昨年のポスターです。

 

 

 

 

もう一つの事業は「子どもいちば」です!

長田神社前地域の小学校3校を対象に、障がい者との出会いと交流を通じた福祉学習と、市場・商店街での販売体験を通じた社会体験で構成されたプログラムです!

この事業は学校、地域、障がい福祉の事業所の3者が協力して実施される事業です!

毎年子どもたちは「作業所」での出会いから、多くのことを学び、「子どもいちば」では、地域に元気な声が響きわたり、地域に活気をもたらしてくれます。

今回はそんな子どもいちばに関わっていただく関係者の皆さんの顔合わせの会議を開催しました。

子どもいちばの本番は2学期(秋~冬)です!開催日などは、その都度お知らせします!

応援のほど、よろしくお願いいたします!

 

子どもいちばとは?