長田区社会福祉協議会は、地域の中で住民どうしの「であい」「ふれあい」「たすけあい」をサポートします。


7月15日ボランティア講座『アフターコロナのボランティアの楽しみ方』を開催しました。

 

7月15日(水)にmottoひょうご事務局長の栗木 剛さんを講師にお迎えし、令和2年度の最初のボランティア講座として『アフターコロナのボランティアの楽しみ方』講座を開催しました。
  
会場は長田区役所大会議室。参加者は37名。
  
コロナ対策で、ボランティアさんと職員の接触を減らすために無人受付とし、座り方も長机の横に座ってソーシャルディスタンスを取っていただくなど、通常とは一味も二味も異なるボランティア講座となりました。
  
栗木先生の巧みな話術で講座は進行。
  
今こそ、頭を柔らかくすることが一番肝要ということで、コロナ下でさまざまな制約があり、多くのボランティアの方々も心が縮こまっていたと思われる中、笑顔が多く見られる講演会となりました。
  

コロナ対策で無人受付