長田区社会福祉協議会は、地域の中で住民どうしの「であい」「ふれあい」「たすけあい」をサポートします。


地域福祉ネットワーク事業

地域福祉ネットワーク事業

制度の狭間など既存の制度やサービスでは解決できない課題について、地域の皆さんと一緒になって解決に向けたネットワークづくりを行う事業です。この事業に取り組む専門職として「地域福祉ネットワーカー」がいます。他都市ではコミュニティ・ソーシャルワーカー(略称:CSW、地域と協働する個別支援ワーカー)と呼ばれることもあります。長田区社協では、平成26年4月より1名の地域福祉ネットワーカーが配置されました。
soudan_setsumei_business
【地域福祉ネットワーカーの信念】
●地域住民や地域での活動者の声に耳を傾けます。
●地域住民の主体的な活動を大切にします。
●誰もが住みやすい共生のまちづくりに寄与します。
●課題に関係する専門職や関係者のネットワークづくりを進めます。
●新たな社会資源や支え合い活動を創出します。
●複合する福祉課題や地域共通の福祉課題を包摂の姿勢で受け止めます。
●個別の福祉課題が新たな福祉課題ではないか注視します。

【7つの機能】
1.相談窓口機能…本人や家族はもとより近隣住民からの「気づき」の相談をお受けします。
2.ニーズ把握機能…福祉課題をさまざまなチャンネルを通じてキャッチします。
3.問題解決機能…制度に繋いだり住民・専門職に繋いだり、解決に向けた取り組みを進めます。
4.地域住民へのエンパワメント(自らの力で問題を解決していくことができる力)機能…
 福祉課題をお互いさまの意識でとらえられるよう地域住民へ働きかけ支援します。
5.地域組織化機能…課題へ対応するとき関心のある住民や当事者の組織化を進めます。
6.ネットワーキング機能…課題に対応する住民、専門職など関係者のネットワークづくりを進めます。
7.地域の支援システム構築機能…問題の解決や予防に向けた地域での支援システムや仕組み作りを進めます。

【具体的な取り組み内容】
今までの制度や支援体制では、解決が難しかった課題の解決に向けて取り組みを行っています。
長田区では…
・坂や階段が多く、高齢者の外出が難しい地域で、交流や相談の場として活用できる身近な「サロン」
 づくりの支援
・高齢化率が高く「電球かえ」「大型ゴミ出し」など日常生活にちょっとした困りごとがある住民が増えて
 きている市営住宅内で介護保険対象外の生活支援サービスを提供できる仕組みづくりの支援

友愛訪問活動

友愛訪問活動とは、ひとりぐらし高齢者や75歳以上の高齢者だけの世帯を対象に、一番身近なご近所の方が週1回程度、 安否確認や話し相手、相談などを行うボランティア活動です。地域住民により結成されたボランティアが、その地域にお住まいのひとり暮らしの高齢者等のお宅を定期的に訪問し、安否確認や話し相手、相談相手として、高齢者が地域で安心して暮らし続けるため、お手伝いをしています。長田区では、約330グループが活動しています。