ボランティア

現在地:ホームボランティア > 来年の活動に向けた準備、着々と!(重池地域福祉センター大掃除)

来年の活動に向けた準備、着々と!(重池地域福祉センター大掃除)

掲載日:2021年12月17日

コロナのため、中止や縮小されてきた地域活動が、少しずつ再開され始めています。

そんな地域の元気になる情報を届けたいと、長田ボランティアセンターのスマホ講座を受講したメンバーにお願いして、地域活動の写真を送っていただきました。

今回は、重池地域福祉センター大掃除の様子を紹介します。

また、写真を送ってくださった方に電話でインタビューし、活動への思いなどをお聞きしました。

 

概 要

日 時 令和3年12月5日(日)
場 所 重池地域福祉センター
人 数 重池ふれあいのまちづくり協議会と重池防災福祉コミュニティのメンバー23名

 

写 真

 

内 容(インタビュー)

 

-日頃されている活動を教えてください。

毎月第4土曜日に地域の高齢者を対象とした給食会を、ふれあいのまちづくり協議会のメンバーとボランティアなど14~5名で行っています。

コロナ前は55名程度の方がお越しになっていましたが、コロナを機会にお弁当の配食に切り替えた結果、大幅に参加者が減ってしまい、現在は毎回40食のお弁当を用意しています。

 

-コロナの収束を受けて、来年1月から会食を再開されるのですね。

そうです!ただ、2年近くも会場の重池地域福祉センターを使っていませんでした。

汚れが目立つようになっていましたので、年末に大掃除をしました。食器類はすべて煮沸消毒しました。綺麗になったので、やっと活動を再開できるという思いでいっぱいです。

給食の再開で再び55名のみなさんが戻ってきて、元気な姿を見せてくだされば嬉しいです。

 

-再開に向けて、なにか困ったことはありませんか。

お醤油やお砂糖などの調味料が古くなったので買い替えたいのですが、仮に再開後すぐにコロナ感染症が広がり、再度中止になると、せっかく新しくした調味料がまた無駄になってしまいます。経費も余分にかかってしまうので、今買い替えるべきかどうか、悩んでいます。

 

-まだまだコロナの影響は続くかもしれませんが、また以前と同じような賑わいと笑顔を取り戻せたらいいですね。

-はじめてリポーター役として写真を送っていただきましたが、いかがでしたか。

おかげさまで、慣れてきました。慣れれば簡単ですね。

 

-実際にスマホを使って慣れていただくのが、スマホをマスターする上で大切なことと思います。これからも、スマホを活用して地域や活動の様子を伝えてください。この度はお忙しい中、リポートとインタビューのお時間をいただきありがとうございました。

 

<  一覧へ戻る >